SE転職Bombardリミテーション

【】

自分の開発プロジェクトと隣のプロジェクトについて
TOP PAGE > 自分の開発プロジェクトと隣のプロジェクトについて

自分の開発プロジェクトと隣のプロジェクトについて

開発プロジェクトはさまざまなものがあります。そのため自分のプロジェクトよりも隣のプロジェクトが良く見えることもあるかもしれません。

それは実際は、「隣の芝は青く見える」というようなことは言いません。実際に隣のプロジェクトの方が良い場合がありますから。

でもその場合は、当然ながら良いプロジェクトは人が集まりやすく、参画するのに難易度が高くなります。行ってみれば難関大学に行くのに競争率が高くて、手が出ないというところでしょう。

そんな中、タッチの差で採用不採用を決めるのは、面接でのアピールだったりします。

開発プロジェクトを変えるとなると面接を受ける必要がありますが、その時は清潔なイメージの恰好をして暗いなどと思われないように動きましょう。

興味をもたれるであろうことはだいたい同じようなことですから、先回りし、青写真を描いておいて、端的にいえるよう練習しておいてください。しどろもどろになったり、嫌悪されるような表現は避けましょう。

貫禄のある態度でのぞみましょう。

新入社員と違い、キャリア入社の人は多くの貴重な経験を積み重ねてきた来たはずですよね。だからその事実を無駄なく整理し伝えて、会社にどうメリットがあるのかを主張することが肝要だと言えます。いかに効果高く会社の採用担当者に自分のアピールが成功するか、ぜひとも当社に欲しい人材だと考えてもらうかが大事なのは言うまでもありませんね。

違う会社へエンジニアプログラマー転職を検討した時に資格未保有な人よりも、SE転職先の会社が望んでいるスキルに合致するような業界開発スキルを持っている応募者の方がプラスに作用することも多いです。転職する理由は、書類選考やスキルアピールにおいてとても大切です。

相手が納得するような理由がないと評価が落ちます。でも、転職したい理由を質問されても上手く答えられないという方も多いはずだと思います。

大半の人が履歴書に記入する際や面接で答える際に、この転職理由が苦労の元となります。

ただいまの時刻








Copyright (C) 2014 SE転職Bombardリミテーション All Rights Reserved.

ページの先頭へ
SE転職Bombardリミテーション