SE転職Bombardリミテーション

【】

JavaプログラマになることとCプログラマ
TOP PAGE > JavaプログラマになることとCプログラマ

JavaプログラマになることとCプログラマ

Javaプログラマーではあるけれども、C言語を知らないという人も増えてきました。と言っても、JavaにC言語習得が必須という訳ではありません。

なので、C言語を知らないでもJavaプログラマーになれます。しかし、C言語を知っているかどうかということで、奥が深いプログラマーになれるかどうかが変わってきます。

C言語を知っていれば、それだけ内部で言語が何をしてるのかが分かります。メモリの効率利用という部分が大きいですが、それ以外にロジック的な部分でも役立ちます。

また、とある言語のコンパイラがC言語で作られていることも多いです。

エンジニアSEプログラマー転職理由の部分が長いと自分を正当化しているように聞こえてしまうので、簡潔にしましょう。

長い時間の労働が原因で、退職を決めた場合は「より効率的な開発プロジェクトを希望」、やりがいを感じるプロジェクトと思えずに辞めた時は「新しい職場で成長したい」といいかえれば良いと思います。

否定的なエンジニアSEプログラマー転職理由も言いかえれば、プラスになることもあるのです。

履歴書記載の注意は、文字数が150から200文字が理想ということです。余裕のない気持ちで転職活動をすると、目先のことにとらわれて、年収よりも採用されることを優先して開発プロジェクトを選択しがちです。その結果、以前よりも年収が低くなってしまう事もあります。

これだと、一体何のためにプログラマー転職したのかわからなくなります。

年収アップにこだわるのであれば、心にゆとりをもって仕事を探しましょう。異なる業種に転職するのは難しいと考えている人が多いですが、実態はどうなのでしょうか?結果から述べますと、異なる業種に職を変えるのは簡単ではありません。同じ採用試験に経験者と未経験者が来た場合、業務経験のある人を選択する人事担当者が多いものです。

ただ、絶対に不可能というわけではありませんので、努力をいとわなければ異業種に転職できるかもしれません。

新入社員と違い、中途採用の人は数え切れないほど多くの判断をし結果を見ているものです。そしてそれを要点を押さえて伝えることは最低ラインです。その上で具体的にどうメリットがあるのかを採用担当者に納得させることに注力してください。

ただいまの時刻








Copyright (C) 2014 SE転職Bombardリミテーション All Rights Reserved.

ページの先頭へ
SE転職Bombardリミテーション