SE転職Bombardリミテーション

【】

SEの仕事と開発に使用される言語について
TOP PAGE > SEの仕事と開発に使用される言語について

SEの仕事と開発に使用される言語について

昔の開発の言語というと、COBOLが多かったのですが、COBOLは汎用機で使われており、オープン系で使われる言語といえばC言語でした。

C言語というのは、何でもできる言語です。LinuxやUnix、あるいあWindowsがC言語もしくはC++言語から成り立っているということを考えれば差もありなんというところでしょう。

だからC言語やC++言語を知っていれば大抵の言語を習得するのはさほど時間はかかりません。

転職の際、不動産業界に職を求めようと思っているのであれば、最初に、宅建主任者資格を取得するようにしましょう。宅建主任者の資格を持っていないと、就職することが困難な企業もあるようです。どのような開発プロジェクトをするかによって必要とされる資格も変わりますので、転職前に、次の仕事内容にあった業界開発スキルを取得しておくのも良い方法です。

プログラマー転職をする場合は、好印象を与える綺麗な服を着てスキルアピールに臨み、暗いなどと思われないように思わせましょう。聞かれそうなことはいくつかパターンがありますから、先回りし、青写真を描いておいて、大きい声で発言してください。

何と言っていいかわからなくなったり、弱気なしゃべり方はご法度です。

強気の気持ちを貫きしょう。しかし、今の時代ではアピールすることができるのは資格よりもその分野で業務に携わったかどうかであり「資格なし」であったとしても実地で働いた経験がある人の方がアピール力としては強いともいえます。ただ、専門職と言われる分野では最初から条件として指定されている業界開発スキルを保有している方が限定と書かれている求人があるので、免許などが必要となる専門職では、その業務の資格を持っている人が採用に際し有利に働くということは間違いないはずです。

仕事を変えたいときに有利になれる資格といわれれば、社会保険労務士、公認会計士といったところが有名どころでしょう。

これまでの開発プロジェクトで積み重ねた経験を生かしたSE転職を考えている方にもオススメしたい資格なのです。

社会保険労務士という業界開発スキルを得ていると、総務、人事関係の業種に就きやすくなりますし、公認会計士の資格を得ていると財務、経理関係の仕事に就きやすくなります。

スキルアピールを行う時には、身だしなみにはしっかり気をつけるようにしましょう。

清潔感のある着こなしでスキルアピールに挑戦するというのが重要なポイントです。ドキドキするだろうと思いますが、あらかじめ何度もシミュレーションしておき、面接に備えるようにしてください。

ただいまの時刻








Copyright (C) 2014 SE転職Bombardリミテーション All Rights Reserved.

ページの先頭へ
SE転職Bombardリミテーション