SE転職Bombardリミテーション

【】

システムエンジニアのキャリアとサーバ運用エンジニア
TOP PAGE > システムエンジニアのキャリアとサーバ運用エンジニア

システムエンジニアのキャリアとサーバ運用エンジニア

サーバの保守エンジニア、あるいは運用エンジニアを目指すという方も多いと思います。サーバ運用というと一昔前は、イコールUnix運用と決まっていました。あるいはSolaris運用ですね。しかし、最近はLinuxの運用というのがとても多くなりました。

またWindowsServerの運用も増えてきています。Windowsのサーバなんて・・・と思われていたのはもう昔。今は結構な割合でWindows Serverも使われています。

AD(Active Directory)など知っていると重宝されることも多いですね。

スキルアピールで質問される内容は決まりきっているものなので、予め答えを準備しておくことが大切です。

今までとは別の業種を目指すときには、ちょうどよくプログラマー転職できる企業を見つけられないことがよくあります。

歳をとってからエンジニア転職を考え始めたのではないなら経験がなくても受け入れてもらえるチャンスはいくばくかありますが、既に30代後半であるという方は諦めた方がいいかもしれません。

ですが、求人募集が常に堪えないような業種に飛び込んでいけば労働条件という概念は放棄することになりますが晴れてSE転職希望者からSE転職者となるかもしれませんね。例を挙げると、33歳になってないのなら国家公務員の1種、防衛省職員採用の1種の試験にチャレンジすることができます。そして29以上、40未満の年齢の方は、国家公務員の試験もOKですから、目指すのはどうです?全体としてみると年齢制限が緩和されているので、以前に比べて中年以降の人でも方向転換して公務員になる人の割合というものが高いのは高いのですよね。

長い時間の労働が原因で、退職を決めた場合は「より効率の良い開発プロジェクトの仕方を重視したい」、開発プロジェクトを辞める理由がやりがいを感じられないという場合は「新しい職場で成長したい」といいかえれば悪い印象は受けないでしょう。

否定的なエンジニアSE転職理由も言いかえれば、プラスになることもあるのです。

履歴書を書くときに注意しなければならないのは、文字数が150から200文字が理想ということです。

ただいまの時刻








Copyright (C) 2014 SE転職Bombardリミテーション All Rights Reserved.

ページの先頭へ
SE転職Bombardリミテーション