SE転職Bombardリミテーション

【】

システムエンジニアの仕事とWebサイト作成について
TOP PAGE > システムエンジニアの仕事とWebサイト作成について

システムエンジニアの仕事とWebサイト作成について

Webを作るならHTMLを知らなければなりません。しかしそれだけではWebを作ることはできても見栄えの良いサイトを作ることは不可欠です。

昔はHTMLをガリガリと下記、HTML中に装飾系のコードも入れたりしたものですが、最近はそんなことは行いません。

コンテンツファイルと装飾ファイルは分けるのが普通です。それがCSSというファイルであったり、JavaScriptというファイルです。

CSSによって装飾はリッチになりましたが、もっとダイナミックなページにしたいという場合は、JavaScriptを使うことになります

またサーバ側で処理をさせるなら、CGIが使われます。Perlが良く使われていましたが、最近はPHPが使われます。

採用担当者から転職者が頻繁に聞かれる質問というのは、どの企業も同様であると言えます。退職に至った理由と、「当社を選んだ理由」については外せません。

履歴書や職務経歴書についての書くコツやポイントですが、直近にいた会社を含めてプロジェクトは何をしてきたのか、業務の効果としてはどうだったのか、仕事ではどのぐらいの貢献をしてきたのかをしっかりとまとめておくことです。

社会保険労務士という業界開発スキルを得ていると、総務、人事関連の仕事に就職しやすくなりますし、公認会計士の資格を持っていれば財務関係のプロジェクトに就職しやすくなります。これまでいた企業名を出して、この期間働きましたというアピールが感じられない書き方では、採用スキルアピールを受ける会社の担当者にあなたがこれまで担当してきたプロジェクトをよくわかってもらうことが無理でしょうね。転職をする際には、最初に出すエントリー用の各種書類で適切にアピールをすることが重要なのは言うまでもありません。

こんな資格があればSE転職できそうだとも考えられますので、SE転職を考える際には取得も視野に入れましょう。異業種へのエンジニアSE転職を考えているなら尚更、経験に乏しいため、あなたにはハンデがあるので、希望する職種に求められる資格を先に取得するといいですね。言うまでもなく、業界開発スキルがありさえすれば採用されるわけでもないのです。

ただいまの時刻








Copyright (C) 2014 SE転職Bombardリミテーション All Rights Reserved.

ページの先頭へ
SE転職Bombardリミテーション